space space
space
しまねバーチャルミュージアム・タイトル
space
space space space ホームへ戻る
space しまねミュージアム協議会とは 企画コーナー お知らせ 加盟館一覧 データベース
space
space
space
野の道
読み ののみち
作者 大下 藤次郎
(おおした とうじろう)
カテゴリ 国内油彩画
大きさ 23.5×17.5
作成年 明治25〜30頃(1892〜1897頃)
明治24年(1891)に洋画家、中丸精十郎に入門した大下藤次郎は、はじめは主に油彩を描いていた。大下は水彩画家として知られているが、同28年の明治美術会展覧会には油彩画のみを、同30年の展覧会には油彩画と水彩画の両方を出品している。茶色など暗い色彩を用いて、稲刈りの終わった田圃の傍らに憩う農家の家族を描いたこの作品は、いわゆる「旧派」とよばれる、明治美術会の画家たちの油彩画とよく似た雰囲気を持つ。大下の画業のルーツを示す興味深い作品であると同時に、現在確認されている唯一の油彩画として貴重な資料でもある。
技法・材質・形状:油彩・カンヴァス
space
space
space
space ご利用にあたってリンクについて 免責事項お問い合わせ
島根県のホームページへ copyright 2002-2003 (C) しまねミュージアム協議会