space space
space
しまねバーチャルミュージアム・タイトル
space
space space space ホームへ戻る
space しまねミュージアム協議会とは 企画コーナー お知らせ 加盟館一覧 データベース
space
space
space
アントワープ 港の眺め
読み あんとわーぷ みなとのながめ
作者 藤田 嗣治
(ふじた つぐはる)
カテゴリ 国内油彩画
大きさ 170.0×224.0
作成年 大正12(1923)
本作品はベルギー北西部、アントワープ港の風景。アントワープの銀行家の依頼により、藤田が「アントワープ港の全景城門其他町々の風景の今昔を7枚の壁画に描いた」と述べているうちの1枚と考えられる。藤田の当時の妻ユキの回想によると、ルーベンスらが活躍した17世紀のアントワープを描くため、藤田は山のような資料を買い込んで仕事にかかったという。藤田の特長である白い下地と薄塗りの色彩、墨によるぼかしや細い線描がみられる。橋や堤防、建物の描写をよく見ると整合性がとれておらず、だまし絵のようになっており、独特の画風とあいまって不思議な世界が表現されている。
技法・材質・形状:油彩・カンヴァス
space
space
space
space ご利用にあたってリンクについて 免責事項お問い合わせ
島根県のホームページへ copyright 2002-2003 (C) しまねミュージアム協議会