space space
space
しまねバーチャルミュージアム・タイトル
space
space space space ホームへ戻る
space しまねミュージアム協議会とは 企画コーナー お知らせ 加盟館一覧 データベース
space
space
space
山本 鼎
(やまもと かなえ)
愛知県岡崎の御典医の家に生まれる。父の一郎は、西洋医学を学ぶために上京、開業医だった森静男(?外の父)のもとで書生になり、後に代診も務めた。母のたけは、?外の友人原田直次郎の描いた《騎龍観音》(明治23年)のモデルといわれる。鼎は東京美術学校卒業後、石井柏亭らと雑誌「方寸」を創刊。大正元年(1912)に渡欧し、エコール・デ・ボザールで版画を学ぶ。帰国後、日本創作版画協会を設立。その後、長野県に農民美術研究所を開設し、農民美術の運動を推進。また自由画運動など美術教育にも力を入れた。
生年月日 明治15(1882)
死亡年月日 昭和21(1946)
出身 愛知県

作品
  • (国内油彩画)
  • space
    pagetopへ
    space
    space
    space
    space
    space ご利用にあたってリンクについて 免責事項お問い合わせ
    島根県のホームページへ copyright 2002-2003 (C) しまねミュージアム協議会