space space
space
しまねバーチャルミュージアム・タイトル
space
space space space ホームへ戻る
space しまねミュージアム協議会とは 企画コーナー お知らせ 加盟館一覧 データベース
space
space
space
鹿子木 孟郎
(かのこぎ たけしろう)
岡山に生まれる。小学校卒業後、14歳で松原三五郎に入門。明治25年(1892)、上京して小山正太郎の不同舎に入学。同28年から図画の教師として働くが、5年ほどで退職し、満谷国四郎らと共に渡米。アメリカで展覧会を開き、作品を売って得た資金でヨーロッパに渡り、約3年間滞在する。パリでは歴史画の大家ローランスに師事。帰国後は京都に居を構え、関西美術院に参加。その後も2度にわたりパリに留学、ローランスの指導を受けた。明治美術会、太平洋画会と続く、いわゆる「旧派」の作家であり、ローランスの元で鍛えたデッサン力と重厚な画面づくりで、堅実な作品を残した。また、関西の洋画界の中心人物として、多くの後進を育てた。
生年月日 明治7(1874)
死亡年月日 昭和16(1941)
出身 岡山

作品
  • 加茂ノ森 (国内油彩画)
  • 舞子の浜 (国内油彩画)
  • space
    pagetopへ
    space
    space
    space
    space
    space ご利用にあたってリンクについて 免責事項お問い合わせ
    島根県のホームページへ copyright 2002-2003 (C) しまねミュージアム協議会